時給・給料

税理士が税務の仕事をする場合、原則として個人事業として仕事をします。(税理士法に制約される)

税理士が二人以上集れば、「税理士法人」という法人形態を選択することもできますが、これはまだまだ少数派です。

個人事業ということは、会計事務所の売上から経費を差し引いた残りが所長の取り分という考え方をします。

経費の中には、家賃やコンピュータシステムの保守料、コピー機のリース代などがありますが、最も大きな経費はなんといっても「人件費」です。

つまり、同じ売上なら人件費を抑えることに成功すれば、会計事務所は儲かります。

そんなこともあって、会計事務所の職員の給料はびっくりするほど安い場合が多々あります。

パートに関して言えば、エアコンのきいた快適な環境でデスクワークをして、しかも時給1,000円以上の募集が多くみられます。悪くない条件かと思います。

経験や能力によって時給はアップします。しかし、時給1,500円を超えることは難しいだろうと推測します。

会計事務所というのは、そこまで収益性を見込めるビジネスではないですし、時給の高い熟練パートを1人かかえるよりも、時給の低いパートを数人雇った方が、事務所としてはリスクを小さくできるという現実的な側面もあるのです。

会計事務所 パート アルバイト 求人 募集