税金の知識は必要か?

税金に関する知識は、ないよりあった方がいい。その程度です。

所長をはじめ職員の皆様はお客様がいくら税金を払うことになるのかに多くの神経を注いでいます。

そういった人々をサポートするのがパートの仕事だとすれば、税金の知識はあるよりない方がいい。

といっても、税金の学習範囲は広く、深く、難しいので会計事務所に実際に勤務し始めてから考えればよいかと思います。

まずは消費税の仕訳が正確にできること(消費税は取引ごとに、課税取引・非課税取引・不課税取引の区別があります)

次には、交際費と会議費の区別、消耗品・修繕費・固定資産の区別、法人税の加算・減算などを理解します。

簡単な赤字決算なら決算→税務申告作成までできるようになる方もいらっしゃいます。

会計事務所は、たくさんの会社の過去の決算書が保管してある情報の宝庫です。学ぼうと思えばどこまでも学べます。

その時々に求められていいるあなたの役割を考えながら、どんどんスキルアップしていきましょう。

会計事務所 パート アルバイト 求人 募集