会計ソフト

会計事務所で使っている会計ソフトは、プロ仕様のもので通常はLAN(ネットワーク)対応のものです。

弥生会計、勘定奉行、財務応援、PCA会計などとさまざまな会計ソフトがありますが、多少使い勝手が違うにしても基本は同じです。

仕訳を入力して、その結果として元帳、試算表や決算書が出力される。ただそれだけのことです。

会計ソフトへのデータ入力をお客様に行ってもらうことを「自計化」といいます。

一定の規模以上の会社であればたいていは経理部や会計課といった部署で会計データの入力をおこなっています。

しかし、税理士の主たる顧客層である中小・零細規模の会社では自計化を徹底しきれないのが実際のところであり、またそこがビジネスチャンスでもあります。

「大変な経理をお手伝いします。経理代行いたします。」
という切り口から、収益の源となる税務相談や税務申告の契約につながっていくのです。

会計ソフトについては、どれがよいということもなく、各事務所で様々なものが使用されています。また、お客様で使っているソフトと会計事務所で使っているソフトが異なることもよくあることです。

会計ソフトを使っていないという会計事務所はいまどきはないでしょうから、面接では「会計ソフトは使えますか?」という質問がされるのは自然なことでしょう。

このとき自信をもって「はい!」と答えられると、かなり印象がいいだろうと思います。

会計事務所 パート アルバイト 求人 募集