内訳書の作成

会計事務所では、法人の決算を組みます。通常、これが会計事務所の中核的な業務です。

決算は、税務申告書というカタチになって、税務署に提出されます。

正確には、法人税納税申告所のことですが、その内容には、

法人税別表、減価償却台帳、概況書、貸借対照表、損益計算書、株主資本変動計算書、報告書、個別注記表、内訳書、権限代理書、銀行の残高証明書などが含まれます。

内訳書とは、貸借対照表や損益計算書に記載されている科目の明細を記録する書類です。

会社法や企業会計時基準の附属明細書や附属明細表に当たるものです。

その主な内容は、

現金預金
受取手形
売掛金・未収金
棚卸資産
買掛金・未払金
仮払金・前払金・貸付金
借受金・前受金・預かり金
固定資産
借入金
役員報酬・給与・賃金
地代家賃
雑収入・雑損失
その他の科目

たとえば、現金預金であれば、銀行ごとに当座預金、普通預金の口座番号と残高を記載します。

さらに、当座勘定残高と残高証明の残高が一致しない場合は、当座預金残高調整表を添付します。

このように、内訳書の内容は会社の取引内容によってことなります。決算書をつくるときは、かならず添付することになるので、決算の数字が確定した時点から作成することになります。

決算のつど作ることになりますので、すぐに要領がわかると思いますよ。

会計事務所 パート アルバイト 求人 募集