償却資産の申告

償却資産とは、機械装置や構築物を事業用に使用している場合にかかる固定資産税です。

固定資産税といえば、マイホームを買った方が払う土地や建物にかかる税金のイメージがありますが、事業者の場合は機械装置やパソコンなどに税金がかかります。

機械やパソコンを買ったときに、いちいち市区町村に届けるわけではないので、事業者はその年の1月1日に所有している償却資産についてもれのないようにその年の1月31日までに申告します。

申告の対象となる資産は構築物及び建物附属設備、機械装置、船舶、車両、工具・器具及び備品。

ただし、乗用車などは自動車税の対象になりますので償却資産税の対象にはなりません。

会計事務所では1月頃に、担当しているお客様に前年中の償却資産の増減を確認し、償却資産の申告書を作成します。

減価償却ソフトで対応している場合は、さほど手間はかかりません。
会計事務所によっては、また手書きで対応しているところもあります。

会計事務所 パート アルバイト 求人 募集