税務調査 調査の立会い

会計事務所の仕事は、お客様である法人や個人事業者の税務申告を代理することを中心に組み立てられています。

また、税務申告は、申告するだけで完結するものではありません。

申告をした後に税務署の職員などの調査(税務調査)があり、そこで誤りがあれば、修正申告や更正などの手続きを経て完結します。

税務の事項は5年(不正等がある場合は7年)ですので、申告期限から7年間は、税務調査などにより、税金が増減する可能性があるのです。


このようなことから、税務のプロである会計事務所では、税務調査があることを前提に決算を組み立て、税務申告をします。

税務調査では、税務当局の見解と、会社側(税理士側)の見解が異なることは多くあります。

したがって、税務調査は、会社側(税理士側)と税務当局との戦いの場になります。

この戦いは、事前に日程の調整が行なわれることが多いですので、十分な準備を行なうことになります。

具体的には、元帳の整備、契約書等の整理、議事録等の整備、論点整理、事前シミュレーションなどです。

税務調査に慣れていないお客様にとって、税務調査は非常に大きなストレスになります。
したがって、会計事務所はこうした事前の準備をお客様とともに行なうことによって、少しでも安心して当日を迎えられるよう配慮します。

会計事務所 パート アルバイト 求人 募集