年末調整

会計事務所の12月中の中心的な業務の一つに年末調整
(通称:年調)があります。

これは、給料を支払っている会社が、
従業員ひとりひとりの給与所得につき、年税額を計算し、
1年間に天引きした源泉所得税額を精算する業務です。

不足があれば、従業員から追徴し、過大額があれば、還付します。

年末調整は、本来会社の経理課や人事課などで行うのですが、
多くの場合は、会計事務所などが代行します。
所得税の計算を伴うので、税務知識が必要となるからです。

年末調整の基本的な流れは次の通りです。

【1】従業員に扶養控除申告書、保険料控除申告書、
配偶者特別控除証明書を記載してもらい、
年末調整に必要な添付書類を提出してもらう。

扶養控除申告書は、翌年分のものを回収します。
(当年分の扶養控除申告書は、すでに
その年最初に給料を支払う前日までに回収してあるはずです。)

ここでいう添付書類とは、
1)生命保険料控除を受けるための控除証明書
2)社会保険料控除を受けるための控除証明書等
3)地震保険料控除を受けるための控除証明書
4)住宅借入金控除を受けるための申告書および証明書
5)その他

【2】当年12月までに支給された給与・賞与を集計

【3】年税額の計算
1)従業員ごとに、年税額を計算し、還付額や不足額を計算します。
2)源泉徴収票、給与支払報告書を作成

【4】納付書の作成・送付
納付額が0円の場合は、税務署にその旨を申告します。
12月給料の確定するのが12月20日や25日の会社が多いので、
上記金額の確定が年末ぎりぎりになることが多くなります。

給与が確定次第すぐに対応できるよう、12月分の給与を除いてすべて
完了させておくようにします。

会計事務所 パート アルバイト 求人 募集